2005年10月30日

肉眼でもはっきり 火星最接近

約2年ぶりに地球に接近中の火星が30日正午ごろ、最接近した。
 同日夜は全国的に曇りの地域がほとんどだったが、大阪市内では東の雲の切れ間に肉眼ではっきり確認できた。接近はしばらく続き、この秋は晴れていれば連夜、明るく赤い星の姿が楽しめそうだ
posted by TOSHI at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

「あればいいな」が現実に…今後30年を科学者が予測

2015年までに家事を手伝うロボットが普及し、2025年までに巨大地震の直前予知が可能に――。文部科学省が30年以内に実現可能な科学技術を一線科学者らに予測してもらったところ、こんな未来像が明らかになった。

 依頼先は、大学教授、民間技術者、独立行政法人研究者ら約4200人。「生命科学」「エレクトロニクス」など13分野計860の項目について、2035年までの間に「技術的に可能になる時期」や「応用され社会に普及する時期」を尋ねた。約2600人が回答した。

 集計結果によると、「一家に1台、掃除・洗濯などができるお手伝いロボットが一般化する」時期は、2011―2015年とする回答が最も多かった。「がん化の機構解明に基づく治療への応用」は、その次の10年間と見込まれた。

 「同時通訳機能が付いた電話の一般化」は2011―2015年、「マグニチュード7以上の地震予知技術」「アルツハイマー病の根治薬」は2016―2025年に登場しそうだ。

 文科省は集計結果を回答者に示し、同じ設問に再度回答してもらい、予測を収れんさせる。結果を科学技術政策の指針となる第三期科学技術基本計画(2006―2010年度)策定に役立てる。
あと10年で同時通訳機能が付いた電話が出来るなら、英語勉強しなくて良いよね。
posted by TOSHI at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

ロボットが民俗踊り=師範の動き取り込み再現−東大・産総研

人間型のロボットに福島県の民俗芸能の会津磐梯山踊りを踊らせることに成功したと、東京大生産技術研究所と産業技術総合研究所が12日発表した。踊りの師範の動きをコンピューターに取り込んで再現したもので、伝統芸能の継承やロボットを使った芸術の創造に応用できるという。
ロボット技術は凄い速度で進化していますね。
posted by TOSHI at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

日射少ないと消化器がん増 美白ブームに警鐘も

日射量が少ない地域ほど大腸などの消化器系のがんで死亡する人が多い−。皮膚がんのリスクを高めるとして日光に含まれる紫外線が目の敵にされる中、日光とがんとのこんな意外な関係を九州大の溝上哲也助教授(疫学)が明らかにし、米国の専門誌にこのほど発表した
美白以外にも引きこもりも危ないね。
posted by TOSHI at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

三原山噴火で相模湾に津波も、北東部に巨大地滑り跡

伊豆大島(東京都)の三原山で千数百年前に起きた噴火によって、火口付近から海底まで巻き込んだ巨大な地滑りが北東側で発生していたことが、東大地震研究所の掘削調査などによってわかった。

 将来も噴火を引き金に多量の土砂が海へ流れ込む恐れがあり、同研究所の中田節也教授は「津波が相模湾へ押し寄せることも警戒すべきだ」と指摘している。

 三原山は数十年おきに噴火を繰り返す活火山。火口周辺は北東側が崩れているが、これは1300―1500年前の噴火でマグマなどが噴出した後の空洞に山頂が陥没してできたと考えられていた。

 しかし、マグマの噴出量に比べて陥没量がけた違いに大きいなどの矛盾があるため、東大が1996―97年度に山頂部で掘削調査を行った。その結果、〈1〉陥没しただけなら存在するはずの地層が欠けている〈2〉地層面の傾きが通常の陥没カルデラとは異なる――といった実態が判明。くぼ地は陥没ではなく、巨大な地滑りでできたものと結論した。
火山の噴火で津波という発想はなかったなぁ。

ボルケーノ
ボルケーノ
posted with amazlet at 05.01.06
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2004/08/02)
売り上げランキング: 2,401
通常24時間以内に発送

posted by TOSHI at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

ブタ心臓移植で半年生存=ヒヒで成功、霊長類最長−米ハーバード大学

ブタの心臓をヒヒに移植し、約半年間生存させることに成功したと、米ハーバード大学移植生物学研究センターの桑木賢次研究フェロー(現札幌医科大助手)らが29日までに米医学誌ネイチャー・メディシンの電子版に発表した。ブタ臓器の霊長類への移植では過去最長記録。人間への移植が将来実現すれば、臓器提供者不足を解消できると期待される。 
豚の臓器を人間に使えるようになったら、これは凄いことですね。寿命はどこまで伸びるんでしょうか。
posted by TOSHI at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

有人ロケットは民間で ライブドア宇宙へも進出

宇宙の利用について考える宇宙航空研究開発機構のシンポジウムが16日、都内で開かれ、ライブドアの堀江貴文社長が講演。堀江社長は「数年以内に日本初の民間有人ロケットを打ち上げる計画を持っている。ブッシュ米大統領より先に、火星に人を送りたい」とぶち上げた。
 堀江社長は、米国の民間有人宇宙飛行計画や、ロシアの民間人の宇宙旅行に世界のIT関連企業が資金面で深くかかわっていることを指摘。「日本の宇宙開発には夢がない。われわれベンチャーが成果を挙げて、市場を開拓したい」と語った。
頑張ってるねホリエモン。

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文
光文社 (2004/08/07)
売り上げランキング: 1,584
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.01
5 純粋に”面白い”と感じられる書籍
5 読むが勝ち
5 稼げ、そしてうまいものを食う

posted by TOSHI at 17:04| Comment(0) | TrackBack(2) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

欧州でも食用、被害なし スギヒラタケによる脳症

スギヒラタケを食べた腎障害の患者らが急性脳症や脳炎を発症した問題で、欧州などでも食用にしている地域はあるが日本と同様の健康被害の報告は、これまでのところないことが、財団法人日本中毒情報センター(茨城県つくば市)の9日までのまとめで分かった。
 同センターは日本の事例について、患者の生活状況や症状の特徴、発生地、原因となり得る複数の中毒物質などの内容を、世界保健機関(WHO)などでつくる中毒分析機関「国際化学物質安全性計画」(IPCS、ジュネーブ)に報告した。IPCSのメーリングリストで、世界の専門家からスギヒラタケや脳症などに関する情報提供を求めている。
日本のスギヒラタケだけなんでしょうか?
posted by TOSHI at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

歯垢から肺炎…米バッファロー大が専門誌で発表

歯垢の中に潜む細菌の中に呼吸器疾患や院内感染に関係する種類が含まれ、高齢者などに重い肺炎を引き起こすケースが実際に起きている。そうした実態が米バッファロー大歯学部の研究で30日明らかになった。

 歯垢と呼吸器疾患との因果関係を証明した初の成果。高齢者介護における歯科衛生などの面からも注目されている。米国の胸部疾患専門誌の最新号に発表された。

 研究チームはニューヨーク州の高齢者向け長期療養施設の患者49人について歯垢を分析した。28人から肺炎を引き起こす黄色ブドウ球菌やグラム陰性菌、緑のう菌を検出した。これら患者のうち14人が肺炎を起こし、DNA分析で少なくとも8人の歯垢と肺に潜む細菌が一致した。

 これらの細菌は院内で感染した疑いがある。いずれの種類も、抗生物質の耐性を獲得して院内感染を引き起こす危険性を持っているため、研究チームは「呼吸器疾患を防ぐ観点からも、高齢者を扱う施設では歯と入れ歯の双方の清潔を保つ必要がある」としている。
そこのあなた、歯を磨かないと、虫歯に、じゃなくて肺炎になりますよ!
posted by TOSHI at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

スギヒラタケに毒性、静岡大教授らがマウス実験で確認

静岡大の河岸洋和教授(天然物化学)らのグループが、食べると急性脳症を引き起こす疑いのあるキノコ「スギヒラタケ」に毒性があることを、マウスを使った実験で突き止めた。29日に開かれる厚生労働省の「急性脳症の多発事例研究班」の第1回会合で報告する。

 グループは、今年、急性脳症の発症が相次いだ甲信越地方から約30キロのスギヒラタケを入手。エキスを抽出し、水に溶かしたり熱を加えたりして、通常、人が摂取する際の10倍近い量を与えたところ、ほとんどのマウスが死ぬなどした。急性脳症との因果関係は不明確で、原因物質の特定もできていない。

 河岸教授は「これが研究のスタート。前提は腎臓の悪い人だが、健康なマウスでも多量に与えれば死ぬことがわかった。原因物質の特定には1年程度かかるだろう」と話している。
今まで普通に食べてたキノコが、毒キノコだなんてビックリですね。
きのこハンドブック
きのこハンドブック
posted by TOSHI at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

世界初、常温で磁石に吸い付く液体発見…東大チーム

常温で磁石に吸い付く液体の化合物を、東京大学理学部の浜口宏夫教授(物理化学)が世界で初めて発見した。こうした化合物は、これまでまったく知られていない。
 作り方もきわめて単純で、人間が住む環境で使用できることから、今後大きな注目が集まりそうだ。
凄いね、私みたいな凡人には使い道にも見当がつかないよ
posted by TOSHI at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

パンの切れ端から水素生成

サッポロビールと島津製作所、広島大学は、製パン工場から出るパンの切れ端などの食品廃棄物から水素を生成する技術を世界で初めて確立した。
燃料電池のエネルギー源などへの利用が期待されるという。
原油も高くなってきているし、こういうエネルギーが必要となるのも近そうです。
posted by TOSHI at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

各地で「部分日食」観測される…2年4か月ぶり

太陽の一部が月の影に隠れる現象「部分日食」が14日午前、九州南部と沖縄県を除く各地で観測された。日本では2002年6月以来、2年4か月ぶりで、関東地方や日本海側などの一部では曇り空だったが、その他の地域では晴れ間が広がり、多くの人が天体ショーを楽しんだ
2009年には沖縄などで皆既日食が観測できるみたいです、本州でも8割ちかく欠ける日食が見られるみたいです。
posted by TOSHI at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

最も重い113番目の新元素発見したそうで

現在知られているどの元素よりも重い、新しい元素を発見したと理化学研究所(埼玉県和光市)の森田浩介先任研究員らの実験チームが28日発表した。加速器実験で合成に成功したもので、日本人が新元素を見つけたのは初めて。

 原子番号は113。結果が確定すれば研究チームに命名権が与えられ、元素の周期表に名が残ることになる。新元素の名として日本にちなんだ「ジャポニウム」や理研にちなんだ「リケニウム」などが候補に挙がっている。

 理研のチームは加速器で原子番号30の亜鉛原子を飛ばし、原子番号83のビスマス原子でできた標的に当てるという方法で、113番の新元素作りに挑戦してきた。
 今年夏、1秒間に2・5兆個の亜鉛原子を80日間連続で計1700京(京は兆の1万倍)回、ビスマスに衝突させた結果、7月23日に新元素1個を検出した。


私にはよく解りませんが、なんか凄い発見みたいですね。
これは将来なにかに利用できるのかな?
posted by TOSHI at 22:48| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。