2005年11月11日

新規3社に携帯免許を交付 06年秋以降にサービス開始

新たに開放される第3世代携帯電話の免許の交付式が10日、総務省で行われ、ソフトバンクの孫正義社長をはじめ新規事業者3社のトップが竹中平蔵総務相から免許を受け取った。
 各社は2006年秋以降、順次サービスを開始する。竹中総務相は3社に対し「計画に従ってしっかりと事業を行い、移動通信サービスの向上発展のために寄与してほしい」と要望した。
 1・7ギガヘルツの周波数帯の割り当てを受けた孫社長は、携帯事業への新規参入は「7−8年前から念願していた」と語り「無理せずに一歩一歩着実に成果を挙げていく」と抱負を述べた。
さて、どんなサービス競争になるのか、ユーザー側にとっては楽しみですね。
posted by TOSHI at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9192840

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。