2005年07月11日

日本は予選Rで5位 バレー女子ワールドGP

バレーボール女子のワールドグランプリは10日、アジア各地で予選ラウンド最終日を行い、日本はバンコクでタイに3−1で逆転勝ちし、通算6勝3敗で5位となった。
 アテネ五輪勝者の中国が前回覇者のブラジル、キューバと8勝1敗で並んだが得点率で1位。4位のイタリア、6位のオランダを含めた6チームが13日から仙台で始まる決勝リーグに進んだ。
 日本はタイのジャンプサーブに苦しみ第1セットを23−25で落とした。第2セットからは大友や杉山(ともにNEC)の強打や速攻などで持ち直し、25−22、25−17、25−22と連取した。
タイって意外と強いんですね、バレーエリート養成プログラムもあるようですし、強力なライバルになりそう。

100パーセントの闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生
100パーセントの闘争心 全日本女子バレーの栄光、挫折、そして再生
posted by TOSHI at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

女子バレー タイに勝利♪
Excerpt: 日本女子、昨夜のアメリカ戦に続き、今夜もタイに逆転勝ちでした。 おめでとぉ??!!やっほ??♪
Weblog: Vivid Association
Tracked: 2005-07-11 05:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。