2005年03月20日

K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL

ついに曙が初勝利を挙げた! 「K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL」が19日、 韓国・ソウルオリンピック第1体育館で開催された。9月のGP開幕戦の切符をかけた8人制トーナメント「アジアGP」に出場した曙は、1回戦でベテラン角田信朗から「初めてパンチが芯を食った」豪打でダウンを奪い判定勝利。プロ転向後続いていた連敗を6でストップし、待望の“初日”を出した。準決勝では、地元・韓国のシルム横綱チェ・ホンマンと対戦したが、角田戦で負傷した足が悲鳴を上げ、タオル投入による無念のTKO負けとなった。トーナメントは、チェが決勝で前年覇者のガオグライ・ゲーンノラシンに延長戦の末、判定勝ち。15918人満員札止めとなった大観衆から喝采を浴び、得意のテクノダンスを披露。初出場初優勝の快挙で、GP開幕戦出場を決めた。
今回のK-1は全く面白くなかったね、見所は角田の、おっさんパワーだけでしょw
posted by TOSHI at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2501505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。