2005年02月20日

食堂は6時間待ち…中部国際空港、初の週末で大混雑

中部国際空港(愛知県常滑市沖)は開港後、初の週末となった19日、ツアーなど大勢の見学客が詰めかけ、出発ロビーや飲食店街は人でごった返した。

 大半の飲食店は昼前から午後にかけて1時間待ち。名古屋名物のエビフライが売り物の食堂は一時、入店まで6時間待ちの状態となった。展望風呂でもオープン前から100人以上が列を作った。

 この日の来場者は、約8万8000人。17日の開港から3日間の来場者は約25万6000人で、同空港会社は「15万人強の予想をはるかに上回った」としている。
posted by TOSHI at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。