2005年02月17日

コンテンツが表示されるまで待てるのは何秒? “時感”意識アンケート

MDBネットサーベイは、イライラしないで待つことができる時間などを質問する“時感”意識実態調査の結果を発表した。アンケートはインターネットリサーチにより、首都圏、東海、京阪神在住の20歳以上の男女688名を対象に実施した。調査期間は1月28日から31日まで。

 インターネットのコンテンツが表示されるまでの時間を尋ねるアンケートでは、「5秒以内」であればイライラしないという人が33.4%で最も多かった。以下は「10秒以内」(28.1%)、「3秒以内」(20.9%)と続いており、全体の80%以上が「10秒以内」と回答している。また、PCの電話相談窓口で待つことができる時間は、「1分以内」が31.7%、「30秒以内」が30.2%だった。

 このほか、「ちょっと一杯ビールでも」と聞いて思い浮かべる時間については、「1時間以内」が35.3%、「2時間以内」が33.4%となった。年代別に見ると、50代では「1時間以内」が43.9%と最も多いのに対して、20代では28.1%だった。一方、20代は「2時間以内」が38.6%で最も多く、50代では27.2%に下がるなど、年代が下がるにつれて時間が長くなる傾向が見られた。
やっぱ5秒以上掛かると、よっぽどのコンテンツで無い限り見る気がうせますね。
posted by TOSHI at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。