2005年02月12日

「牛丼、何で出さへん」=売り切れ、吉野家店員に暴行

12日午前0時半ごろ、兵庫県明石市硯町の大手牛丼チェーン店「吉野家」支店で、客の男が牛丼が売り切れていたことに腹を立て、男性店員(20)の胸ぐらをつかんだり突き飛ばしたりするなどの暴行を加えた。男は110番で駆け付けた明石署員に暴行の現行犯で逮捕された。
 男は同市貴崎、土木作業員浅田正太容疑者(26)。調べでは、同容疑者は友人と牛丼を食べに来店したが、牛丼が売り切れていたことに腹を立て、「予約してたのに、何で出してくれんのや」などと因縁を付け、店員に暴行を加えた疑い。同店では牛丼は11日夕方ごろには売り切れており、同容疑者は予約していなかった。
こういう馬鹿がいるんですね、店員も災難でしたね。
posted by TOSHI at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■吉野家1日限定牛丼で事件発生
Excerpt: ---神戸新聞05/02/12記事引用---休止中の牛丼を一日だけ“復活”させた吉野家の二号線明石硯町店(明石市硯町三)で十二日午前零時半ごろ、酒に酔った男が男性店員(20)に「(牛丼を)予約していた..
Weblog: はずれ刑事慎重派パート3
Tracked: 2005-02-13 04:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。