2005年02月10日

三井住友、大和証券統合へ 持ち株会社の合併軸

三井住友フィナンシャルグループと大和証券グループ本社が、経営統合を含めた関係強化で本格交渉に入ることが10日明らかになった。持ち株会社同士が早ければ2005年度中にも合併し、銀行、証券、投資信託、リースなどを傘下に持つ総合金融グループとなる案を軸に検討する見通し。
 大手銀行と大手証券による初の経営統合で、金融コングロマリット(複合企業体)を目指す。業態の垣根を越えた再編の流れが定着しそうだ。
 三井住友首脳は同日午前、大和との統合に関し「具体的には決まっていないが、いろいろなことは考えている」と語った。今後、統合時期やトップ人事を詰める見通し。三井住友は大和との統合交渉入りを受け、UFJグループへの統合申し入れを撤回する。
銀行も株を取り扱えるようになりますから、その関係もあるのかな。
posted by TOSHI at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1890556

この記事へのトラックバック

■三井住友と大和証券が経営統合へ交渉@UFJをとるよりマシだな
Excerpt: 三井住友フィナンシャルグループと大和証券グループが経営統合に向けて本格交渉に入ることが9日、明らかになったとの事byここ 三井住友は、UFJ争奪戦で東京三菱に負けてしまったのはご承知の通り。 ..
Weblog: ぶまの見る世の中
Tracked: 2005-02-10 16:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。