2005年01月13日

トム・クルーズ宇宙戦争ギャラ190億円

米俳優トム・クルーズ(42)が、史上最高の出演料を手にする。スティーブン・スピルバーグ監督(54)とコンビを組む主演映画「宇宙戦争」(今夏世界同時公開)で、全世界興行収入の10%を受け取る契約を結んだ。同作の製作費は史上最高の2億ドル(約210億円)に上るため、出演料全額を歩合報酬とする異例の形をとった。興収は18億ドル(約1890億円)に達するとみられ、約190億円の出演料を手に入れることになりそうだ。
 トム・クルーズが、またハリウッドの歴史に名を刻む。出演料が、2000万ドル(約21億円)を超えると一流スターの仲間入りとされる中でも超破格といえる出演料を手にする可能性が出てきた。
 「宇宙戦争」の出演料を、全世界の総興行収入の10%を取る歩合報酬として契約した。ハリウッドにおけるクルーズの映画出演料は現在、2500万ドル(約26億2500万円)。同作でプロデューサーを務めていることもあり、製作コスト削減のため、撮影段階の出演料はゼロとし、興収に応じて報酬を得る異例の契約を結んだ。同映画は、クルーズとスピルバーグ監督がタッグを組む話題性もあって、世界的ヒットが確実視されている。ハリウッドの映画関係者の間では、総興行収入は18億ドル(約1890億円)に達すると予想され、クルーズはたった1本で約190億円というハリウッド史上最高の出演料を手にすることになる。
 数多いハリウッドスターの中でも、歩合報酬の契約を結ぶことができるのは、クルーズただ1人。スピルバーグ監督とコンビを組んだSF映画「マイノリティ・リポート」や、渡辺謙(45)と共演した話題作「ラストサムライ」では、出演料2500万ドルに加え、歩合報酬を得る形をとった。今回は撮影段階でノーギャラというリスクを背負ったが、作品に対する自信の裏返しとも受け取れる。
 「宇宙戦争」は、今夏に全世界で同時公開予定。現在、ニューヨークやニュージャージーで撮影が進んでいる。
何だこの金額は、もう仕事しなくて良いよね。

posted by TOSHI at 15:08| Comment(0) | TrackBack(1) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1568374

この記事へのトラックバック

ハリウッド・スターの出演料一覧 by日刊スポーツ
Excerpt: 新聞の丸写しです。 ★2500万ドルクラス★ トム・クルーズ トム・ハンクス ハリソン・フォード メル・ギブソン ジム・キャリー ジュリア・ロバーツ ウィル・スミス ブルース・ウィリス マイク・マイヤ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-01-14 03:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。